メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第4部 世界の潮流/5 直径500メートル 中国の「天眼」 国を挙げた巨大電波望遠鏡

直径500メートルの世界最大の電波望遠鏡「天眼」=中国科学院国家天文台ホームページから

 <科学の森>

半径5キロの1万人転居

 ●基礎科学にも力

 中国南西部に位置する貴州省の山あいに2016年、直径500メートルの巨大なおわん形の構造物が完成した。世界最大の開口球面電波望遠鏡「FAST(天眼)」だ。米国が運営し、それまで世界最大だったアレシボ望遠鏡(プエルトリコ、直径300メートル)を大きく上回る。ブラックホールなどの天体から届く電波を受信し、宇宙の最深部を観測することを目指している。

 中国は近年、基礎科学分野への投資にも力を入れている。3月の全国人民代表大会(全人代)であった記者会…

この記事は有料記事です。

残り2675文字(全文2925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです