メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水俣病

令和初日に慰霊 新天皇即位配慮、市式典は延期

慰霊祭で焼香する坂本しのぶさん(左から2人目)=熊本県水俣市で2019年5月1日午後1時40分、笠井光俊撮影

 公害の原点とされる水俣病は1日、公式確認から63年となった。熊本県水俣市などが1日に毎年開催している犠牲者慰霊式は、新天皇即位を考慮して10月19日に延期されたが、発生初期の患者らでつくる水俣病互助会は例年通り同市袋の「乙女塚」で慰霊祭を開いた。昭和の高度経済成長の陰で発生した未曽有の環境破壊・健康被害は平成が過ぎても被害の全容がはっきりせず、解決の道筋も見え…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです