特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

暗礁に乗り上げる「安倍改憲」 距離置く公明、主要野党は抵抗 孤立する自民

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍首相が目指す憲法改正を巡る与野党の立場
安倍首相が目指す憲法改正を巡る与野党の立場

 安倍晋三首相が目指す自衛隊の存在を明記する憲法改正は、夏の参院選を前に暗礁に乗り上げている。衆参両院で改憲に前向きな「改憲勢力」が3分の2を占めるものの、立憲民主党など主要野党だけでなく、連立を組む公明党も距離を置き、自民党の孤立が目立つ。参院選の結果次第で、改正を目指す項目や連携相手の再考を迫られる可能性もある。【田中裕之、小田中大、村尾哲】

この記事は有料記事です。

残り2295文字(全文2469文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集