メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カラカスで大規模反政府デモ、グアイド氏求める軍離反は広がらず 政府側も集会

支持者の前で演説するグアイド国会議長=カラカスで5月1日、AP

 【サンパウロ山本太一】南米ベネズエラで暫定大統領就任を宣言した野党指導者グアイド国会議長の呼びかけに応じた大規模な反政府デモが1日、前日に続き開かれた。グアイド氏は、独裁色を強めるマドゥロ大統領を支える軍に蜂起を求めるが、離反の動きは広がらなかった。「2人の大統領」が並び立つ異常事態は当面、続きそうだ。

 グアイド氏は首都カラカスで数千人のデモ参加者を前に「自由を得るまで路上にとどまり続ける」とデモの継続を強調。公務員や労働者らに各職場でのストライキを2日から行うよう呼びかけ、ゼネストを目指すと表明した。暴徒化した参加者と治安部隊との間で衝突が起き、AFP通信によると27歳の女性が撃たれて死亡し46人がけがをした。他の都市でもデモが発生した。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです