メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連安保理、パキスタンの過激派指導者を制裁対象に指定 インドでの自爆テロ関与

 【ニューデリー松井聡】国連安全保障理事会は1日、今年2月にインド北部で治安部隊員約40人が死亡した自爆テロを実行したパキスタンのイスラム過激派ジェイシモハメドの指導者、マスード・アズハル師を制裁対象とする決議を採択した。インドはこれまでも同師への制裁を要求してきたが、パキスタンに近い中国が難色を示し実現していなかった。

 ロイター通信によると、制裁内容は武器禁輸、海外渡航の禁止、資産の凍結。常任理事国の米英仏3カ国が3…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. インスタが「いいね」数非表示に 精神的負担、軽減する狙い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです