「正しい投球フォーム」をアシストするグラブを開発 特許も取得 奈良のスポーツ店

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人さし指の付け根から手の甲を接着テープで固定するダブルベルトグラブ=奈良県のミカサスポーツで2018年12月28日午後3時27分、生野貴紀撮影
人さし指の付け根から手の甲を接着テープで固定するダブルベルトグラブ=奈良県のミカサスポーツで2018年12月28日午後3時27分、生野貴紀撮影

 野球の投手の故障防止が注目される中、正しいフォームで投げてもらおうと、奈良県のスポーツ店主がフォームを補助するグラブを開発した。今年3月に特許を取得。着用することで自然な投球フォームにつながり、肩や肘の負担軽減に役立つといい、使った選手からは歓迎の声が上がっている。【生野貴紀】

 ミカサスポーツ(同県大和郡山市)の梅原伸宏さん(54)が製作した「ダブルベルトグラブ」。一般的なグラブと異なり、二つの布製接着テープでグラブの中で手が動かないように固定する。はめた手の親指がボールをつかんでいるよう、自然と薬指に触れるような形になるのが特徴だ。

 長年、生体力学を研究する梅原さんがグラブと投球の関係を突き詰める中で、グラブをつけた手の親指が内側に回る「回内」という運動理論に着目した。ボクシングのパンチや水泳のクロールも同様の動きで、野球にも応用できると考えた。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文768文字)

あわせて読みたい