特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

光シーガルズが6年ぶりV4 地元勢対決制す JABA徳山スポニチ大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【山口防府ク-光シーガルズ】六回裏に4打席連続安打となる右前打を放ち、一塁上で笑顔を見せる光シーガルズの矢次=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで2019年5月2日午後5時24分、野村和史撮影
【山口防府ク-光シーガルズ】六回裏に4打席連続安打となる右前打を放ち、一塁上で笑顔を見せる光シーガルズの矢次=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで2019年5月2日午後5時24分、野村和史撮影

 第49回JABA徳山スポニチ大会(日本野球連盟中国地区連盟、スポーツニッポン新聞社主催、毎日新聞社共催)は最終日の2日、山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで準決勝と決勝を行い、光シーガルズが6年ぶり4回目の優勝を果たした。準決勝で履正社学園を破り、決勝は山口防府クとの地元勢対決を制した。

 最高殊勲選手賞は栗秋皓斗投手(光シーガルズ)、敢闘賞は佐伯和哉投手(山口防府ク)、首位打者賞は矢次晃大内野手(光シー…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする