メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法記念日に考える「自衛隊明記」 水島朝穂・早大教授に聞く

「今の自衛隊は違憲状態になっている」と指摘する早稲田大の水島朝穂教授=東京都新宿区で2019年4月25日、江畑佳明撮影

 3日は憲法記念日。そして安倍晋三首相の悲願は憲法改正だ。首相は最近、憲法9条への自衛隊明記を目指し「違憲論争に終止符を打つ」などと発言、議論を呼んでいる。だがこの問題に積極的に発言してきた早稲田大の水島朝穂(みずしま・あさほ)教授(憲法学)は、安倍政権の政策こそが自衛隊を違憲状態にしていると訴えてきた。どういうことなのか、その真意を尋ねた。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2288文字(全文2479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです