特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

「レジェンド」内村を襲う非情な現実

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全日本体操選手権の男子個人総合予選で平行棒の演技を終え、痛みが悪化した左肩を気にする内村航平=高崎アリーナで2019年4月26日、宮間俊樹撮影
全日本体操選手権の男子個人総合予選で平行棒の演技を終え、痛みが悪化した左肩を気にする内村航平=高崎アリーナで2019年4月26日、宮間俊樹撮影

 現実は非情だ。4月下旬の全日本体操選手権で内村航平(リンガーハット)を見て、そう思わずにはいられなかった。

 内村は男子個人総合予選で失敗を連発して決勝進出を逃した。内村の予選落ちは高校2年だった2005年以来。世界選手権(10月)の代表入りも極めて厳しくなった。

 予選前日の会見で、内村は肩を左、右と痛め、まともに練習できていないことを明かした。それでも「難度を下げればミスなくできる。小さいミスを出さずに代表に入りたい」とおだやかに話した。

 苦境で自分自身を支えるものは何か。その問いに、内村はまず「集中力」と答え、そして続けた。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1055文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集