メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック 郡山 ハンガリーの水泳

郡山しんきん開成山プールで昨年秋、強化合宿を行ったハンガリー代表水泳チーム

 「ハンガリーでもコイを食べるらしいよ」。郡山市の品川万里市長が、そんな話を担当者に伝えたのは2015年秋のことだった。市町村別で食用コイの生産量日本一を誇る同市はこの年の春、全国で唯一の鯉(こい)係を園芸畜産振興課に新設したばかり。ブランドイメージの向上や販路拡大を図る鯉係が早速、情報収集に動き始めた。

 同市では明治初期に猪苗代湖から引いた安積疏水(そすい)による開拓が進み、原野が田園地帯に開墾された。安積疏水の完成で使わなくなった農業用のため池を利用して、貴重なたんぱく源であるコイの養殖が盛んになった。

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです