メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほくりく今昔

平成から令和へ/6 福井・今川焼本舗 街の顔、これからも /福井

創業70年を迎えた「今川焼本舗」。(左から)青木慶子さん、富士夫さん、郁代さん=福井市で、岸川弘明撮影

 JR福井駅の西側を南北に走る道を底辺とし、中央大通りと駅前電車通りを結ぶと、細長い三角形が浮かび上がる。通称「三角地帯」。その西側先端付近に店を構える「今川焼本舗」は元号が変わる今年、創業70年の節目を迎えた。「骨密度が高くてね。足腰は丈夫。まだまだ店に立つよ」。名物おかみの青木慶子さん(76)がほほ笑んだ。

 1948年に福井の中心市街地が壊滅した福井地震の翌年、慶子さんの父が店を始めた。慶子さんと一緒に店を支えた夫敏男さんが7年前に他界し、現在は長男富士夫さん(54)、郁代さん(51)夫妻との3人で切り盛りする。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 検証 菅氏の経済人脈、首相就任で可視化 重点政策、個別に進言

  4. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです