連載

ほくりく今昔

いよいよ新時代「令和」が始まる。移り変わった北陸の姿を「今」と、平成が始まった頃の「昔」の写真2枚で振り返る。

連載一覧

ほくりく今昔

平成から令和へ/6 福井・今川焼本舗 街の顔、これからも /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
創業70年を迎えた「今川焼本舗」。(左から)青木慶子さん、富士夫さん、郁代さん=福井市で、岸川弘明撮影
創業70年を迎えた「今川焼本舗」。(左から)青木慶子さん、富士夫さん、郁代さん=福井市で、岸川弘明撮影

 JR福井駅の西側を南北に走る道を底辺とし、中央大通りと駅前電車通りを結ぶと、細長い三角形が浮かび上がる。通称「三角地帯」。その西側先端付近に店を構える「今川焼本舗」は元号が変わる今年、創業70年の節目を迎えた。「骨密度が高くてね。足腰は丈夫。まだまだ店に立つよ」。名物おかみの青木慶子さん(76)がほほ笑んだ。

 1948年に福井の中心市街地が壊滅した福井地震の翌年、慶子さんの父が店を始めた。慶子さんと一緒に店を支えた夫敏男さんが7年前に他界し、現在は長男富士夫さん(54)、郁代さん(51)夫妻との3人で切り盛りする。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文791文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集