メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県弁護士会

「憲法の意義見直す必要」 会長が談話発表 /長野

 県弁護士会(相馬弘昭会長)は2日、3日の憲法記念日に合わせて憲法に関する会長談話を発表した。相馬会長は記者会見で、憲法が「人権救済に大きな役割を果たしてきた」と評価した上で、「価値観が多様化し、社会が複雑化する中、憲法の意義を見直す必要がある」と訴えた。

 県弁護士会は、旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者や法律婚が認められない同…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです