メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法記念日

親しみを 開発中のボードゲーム体験 東淀川で20人 /大阪

ボードゲームを楽しむ参加者たち=大阪市東淀川区西淡路1のコミュニティースペースで、隈元悠太撮影

 憲法記念日前日の2日、大阪の若手弁護士らが、楽しみながら憲法に親しんでもらおうと開発中の「憲法ボードゲーム」の体験会を大阪市東淀川区で開き、約20人が参加した。

 憲法の役割を市民に伝えることの難しさを感じていた「明日の自由を守る若手弁護士の会」のメンバーが、川崎市などでゲームを通じて地域の魅力を発信している安藤哲也さん(36)と共同で開発している。

 魔法使いによって憲法が消されてしまい混乱に陥った日本が舞台で、リーゼント以外の髪形が禁止されたり、…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです