メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ駆ける

関連ビジネス/上 祝い酒、今だけの味で 灘五郷、各社趣向凝らし開発 /兵庫

改元に合わせて製造した「特撰白鶴 令和初しぼり」=神戸市東灘区住吉南町4の白鶴酒造で、峰本浩二撮影

 県内の「令和」関連ビジネスが活況を呈している。改元の祝賀ムードにあやかろうと、各社が工夫を凝らして開発した新商品を2回に分けて紹介する。まずは祝いの席に欠かせないお酒から--。

 白鶴酒造(神戸市東灘区、078・856・7190)は県内産山田錦100%使用の純米生原酒「特撰白鶴 令和初しぼり」(720ミリリットル、2160円)を数量限定で販売中だ。新元号が施行された1日から搾り始めた酒を翌2日に瓶詰めし、低温配送。担当者は「日本酒はハレの日にぴったりなので、皆さんに楽しんでもらえたら」。同区の直営店などで購入可能。

 菊正宗酒造(同区、078・854・1043)は生〓(きもと)造りの大吟醸酒「超特撰慶祝 大吟醸令和…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

  4. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです