メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすを見つめて

地域おこし協力隊発足10年/1 干し柿スイーツに着目 安芸太田・河内佑真さん /広島

ゼミの仲間とお互いの事業構想について語り合う河内佑真さん(中央)=広島市南区の県立広島大大学院で、元田禎撮影

「地域活性化」初心貫く

 机いっぱいに広がる黄やオレンジ色の付せんには、「営業と連携」「経理×イノベーション」など数多くのキーワードが踊る。4月上旬のある日、南区の県立広島大大学院経営管理研究科(HBMS)の研究室。新たな事業の構想を語り合う社会人ゼミ生の中に、県職員の河内(かわち)佑真さん(30)の姿があった。

 「地域活性化につながる仕事がしたい」。広島大を卒業し、地銀に入行した。山口市に住む両親は、一人息子…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1221文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです