メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまなみを生きる

海道開通20年/2 全国募集で島へ入学 今治北高・大三島分校1年 高橋愛果さん /愛媛

今治北高大三島分校の(右から)高橋愛果さん、矢野寛奈さん、三川真央さん。写真部は2018年、「写真甲子園」で敢闘賞を受賞し、その活躍がマンガ化された。学校では魅力を伝えるパンフレットも作成している=愛媛県今治市大三島町で、中川祐一撮影

 今年4月、1人の少女が県立今治北高大三島分校に入学した。広島県福山市の高橋愛果さん(15)。瀬戸内しまなみ海道のほぼ中心、今治市の大三島にある分校が廃校の危機を乗り越えるべく始めた「全国募集」で入学した生徒の1人だ。

 島民の生活に多くの恩恵をもたらしたしまなみ海道。一方で島の人口流出に拍車をかけ、子どもたちの進路も変えた。成績や部活動、外の世界に対する憧れ--。島の中学生たちはさまざまな理由で島外の高校に選択肢を求めた。

 卒業生数は1980年代初頭まで130人規模を維持していたが、90年代後半になると50~80人に減少…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文863文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです