メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
きたきゅう食物語

/上 豊前海のアサリ 稚貝育成、徐々に効果 /福岡

 4月下旬、豊前市宇島の干潟では、多くの人たちが麦わら帽子に長靴姿で黙々と熊手でアサリを捕っていた。近くに住む男性のザルは1時間で4センチほどのアサリでいっぱいに。「大きいのは肉厚だが、小さい貝もうまみが凝縮している。バター焼きにして食べるのが楽しみ」と笑った。

 豊前市や築上町などの豊前海沿岸では毎年3月ごろから潮干狩りが解禁。豊前市では宇島、八屋・松江浦地区の3カ所で5月いっぱいまで入漁料500円で潮干狩りができる。宇島地区の解禁初日の4月21日は500人ほどが訪れ「歩く場所がないほどだった」(漁協関係者)。

 だが、全国有数のアサリの産地だった豊前海は、乱獲や埋め立てなどが原因で1986年の約1万1000ト…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文891文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです