メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テーマ展

「解体新書の世界」 初版本を展示 中津藩・前野良沢らが翻訳 来月9日まで 大分市歴史資料館 /大分

 中津藩の藩医だった前野良沢(1723~1803年)や蘭学者の杉田玄白が医学書「ターヘル・アナトミア」を翻訳した「解体新書」の初版本などが展示されたテーマ展「解体新書の世界」が、大分市歴史資料館(大分市国分)で開かれている。6月9日まで。

 「解体新書」は1774年に出版。本文4冊と図解集1冊の計5冊…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 3階から屋上に向かう部分で19人が死亡 折り重なるように倒れ 京アニ火災
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 京王線、小田急多摩線が運転見合わせ 沿線で火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです