メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

下ネタ落語を卒業したい=回答者・立川談四楼

 趣味で落語をやっています。発表の場は年に1度の社員旅行だけですが、会社の行き帰りにブツブツと稽古(けいこ)しています。何度か職務質問を受けながらも、めげずに続けています。本当は古典落語で笑わせたいのですが、いつも下ネタに走ってしまいます。私のは小中学生レベルとのことで、セクハラのそしりを受けないのが救いですが、もうすぐ50歳になる社会人として、人間として、このままでいいものでしょうか。(48歳・男性)

 うれしくニコニコと相談を読みましたが、「何度か職務質問を受けながら」のくだりには噴き出しました。私もその経験があり、多くの落語家が「同じく」と答えること間違いなしだからです。アパートの壁が薄いので大声を出せず、夜の公園で稽古をしていたら警察に通報された例もあり、混雑する電車内では自分の周囲だけに空間ができるということさえあります。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです