メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安倍改憲」反対で足並み 野党4党の党首

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党の党首は3日、憲法9条改正に反対する市民団体が東京・有明の東京臨海広域防災公園で開いた集会に参加し、自衛隊の存在明記など「安倍改憲」への反対で足並みをそろえた。

 国民の玉木雄一郎代表は自衛隊を明記する自民党改憲条文案について「『何も変わらない』と説明しながら、実は自衛権の範囲を無制限に広げようとしている」と批判。共産党の志位和夫委員長は、自民党案では戦力不保持を規定した9条2項が「死文化されてしまう」と訴えた。

 野党は、首相が同日の改憲派の集会で「2020年の改正憲法施行」という目標に改めて言及したことにも反発。立憲の枝野幸男代表は記者団に「個人の趣味だ」と切り捨てた上で「圧倒的多数の国民が賛成する状況でなければ発議すべきではない」とけん制した。

 夏の参院選は与党と日本維新の会など改憲に前向きな「改憲勢力」が3分の2の議席を維持するかが焦点。勝敗を分ける全国32の1人区(改選数1)について、立憲など野党4党は候補一本化に向けた協議を急ぐ方針だ。社民党の又市征治党首は集会で「参院選で改憲勢力3分の2を割らせ、憲法改悪を阻止する」と強調した。【浜中慎哉】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです