メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・豊前海のアサリ 稚貝育成、徐々に効果

豊前海で取れたアサリ=豊前市宇島で

 4月下旬、福岡県豊前市宇島の干潟では、多くの人たちが麦わら帽子に長靴姿で黙々と熊手でアサリを取っていた。近くに住む男性のザルは1時間で4センチほどのアサリでいっぱいに。「大きいのは肉厚だが、小さい貝もうまみが凝縮している。バター焼きにして食べるのが楽しみ」と笑った。

 豊前市や築上町などの豊前海沿岸では毎年3月ごろから潮干狩りが解禁。豊前市では宇島、八屋・松江浦地区の3カ所で5月いっぱいまで入漁料500円で潮干狩りができる。宇島地区の解禁初日の4月21日は500人ほどが訪れ「歩く場所がないほどだった」(漁協関係者)。

 だが、全国有数のアサリの産地だった豊前海は、乱獲や埋め立てなどが原因で1986年の約1万1000ト…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです