メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法巡り各地で集会 それぞれの思い語る 憲法記念日

「5.3憲法集会」でプラカードを掲げる参加者=東京都江東区で2019年5月3日午後2時3分、吉田航太撮影

 憲法記念日の3日、護憲や改憲を訴える団体が各地で集会を開催。参加者はそれぞれの立場から、憲法への思いを語った。

 安倍晋三首相が目指す憲法改正の発議に反対する団体などは、東京都江東区で「平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」を開き、約6万5000人(主催者発表)が参加した。

 京都大の高山佳奈子教授は「いま変えるべきなのは、憲法ではなく政権。(自民党が改憲を目指す4項目は)変えるべきではないものばかり。このような荒唐無稽(むけい)な改憲は許すことはできない」。東京大の広渡清吾名誉教授は「外交も内政も安倍政権が手詰まりであるのは明らか。安倍政権はその事態から目をそらすことで成り立っている。平成から令和への仕組まれた改元のフィーバーは一例に過ぎない」と主張した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で揺れる沖縄からは、「『辺野古』県民投票の会」代表の元山仁士郎さん(27)も登壇。2月の県民投票で名護市辺野古の埋め立てに7割超が反対したにもかかわらず、移設工事が進んでいることを挙げ「なぜ沖縄の民意は反映されないのか。この国の民主主義、それを定めている憲法とは何なんでしょうか」と問いかけた。

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです