特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

憲法巡り各地で集会 それぞれの思い語る 憲法記念日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「5.3憲法集会」でプラカードを掲げる参加者=東京都江東区で2019年5月3日午後2時3分、吉田航太撮影
「5.3憲法集会」でプラカードを掲げる参加者=東京都江東区で2019年5月3日午後2時3分、吉田航太撮影

 憲法記念日の3日、護憲や改憲を訴える団体が各地で集会を開催。参加者はそれぞれの立場から、憲法への思いを語った。

「いま変えるべきは憲法でなく政権」--護憲派集会

 安倍晋三首相が目指す憲法改正の発議に反対する団体などは、東京都江東区で「平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」を開き、約6万5000人(主催者発表)が参加した。

 京都大の高山佳奈子教授は「いま変えるべきなのは、憲法ではなく政権。(自民党が改憲を目指す4項目は)変えるべきではないものばかり。このような荒唐無稽(むけい)な改憲は許すことはできない」。東京大の広渡清吾名誉教授は「外交も内政も安倍政権が手詰まりであるのは明らか。安倍政権はその事態から目をそらすことで成り立っている。平成から令和への仕組まれた改元のフィーバーは一例に過ぎない」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1409文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集