メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法巡り各地で集会 それぞれの思い語る 憲法記念日

 憲法記念日の3日、護憲や改憲を訴える団体が各地で集会を開催。参加者はそれぞれの立場から、憲法への思いを語った。

「いま変えるべきは憲法でなく政権」--護憲派集会

「5.3憲法集会」でプラカードを掲げる参加者=東京都江東区で2019年5月3日午後2時3分、吉田航太撮影

 安倍晋三首相が目指す憲法改正の発議に反対する団体などは、東京都江東区で「平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」を開き、約6万5000人(主催者発表)が参加した。

 京都大の高山佳奈子教授は「いま変えるべきなのは、憲法ではなく政権。(自民党が改憲を目指す4項目は)変えるべきではないものばかり。このような荒唐無稽(むけい)な改憲は許すことはできない」。東京大の広渡清吾名誉教授は「外交も内政も安倍政権が手詰まりであるのは明らか。安倍政権はその事態から目をそらすことで成り立っている。平成から令和への仕組まれた改元のフィーバーは一例に過ぎない」と主張した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で揺れる沖縄からは、「『辺野古』県民投票の会」代表の元山仁士郎さん(27)も登壇。2月の県民投票で名護市辺野古の埋め立てに7割超が反対したにもかかわらず、移設工事が進んでいることを挙げ「なぜ沖縄の民意は反映されないのか。この国の民主主義、それを定めている憲法とは何なんでしょうか」と問いかけた。

 参加した横浜市神奈川区の団体職員、若林靖久さん(33)は「憲法に自衛隊を明記することは9条に相反する。日本を守ろうとして自衛隊に入った方々が他国の戦争に巻き込まれるかもしれないと考えると、改憲には賛成できない」と話した。

 東京都練馬区の横山昭三さん(78)は「今年はいよいよ改憲してしまうか、押し戻せるかが決まる大切な一年になると思う。『改元騒ぎ』で盛り上がっているうちに、改憲への流れが作られてしまうのは怖い」と懸念。東京都狛江市の千葉晴子さん(63)も「令和になっても憲法を大切に思う気持ちに変わりはない。9条を変えてしまえば、日本が戦争の方向に突き進むようになってしまう。子どもや孫にそんな不安は残したくない」と述べた。【川上珠実】

「現行憲法は日本民族の憲法ではない」--改憲派集会

「公開憲法フォーラム」の冒頭で映された安倍晋三首相のビデオメッセージを見る参加者たち=東京都千代田区で2019年5月3日午後2時7分、根岸基弘撮影

 改憲を目指す「美しい日本の憲法をつくる国民の会」などは東京都千代田区で「公開憲法フォーラム」を開き、約1100人(主催者発表)が参加。安倍晋三首相のビデオメッセージが流され、政治家や学者らが改憲を訴えた。

 同会共同代表でジャーナリストの桜井よしこさんは、憲法が米国の占領下で作られたものだとして「誰が読んでも現行憲法は日本民族の憲法ではない。どこに日本文化の薫りがあるのか」と訴え、「この令和の時代、新しく大和の道を歩もう」と呼びかけた。

 2014年にクリミア半島をロシアに編入されたウクライナ出身の留学生、ナザレンコ・アンドリーさんも登壇し、「自称平和主義者はどんな争いも話し合いで解決できると言うが、言葉によって戦争を止められるならば、その言葉を教えてほしい。抑止力なくして平和を得た国はない」と9条改正を主張した。

 参加した千葉県匝瑳(そうさ)市の元金融機関職員、伊藤勝夫さん(79)は「新しい時代になり、昔はなかったようなことが起きている。憲法は時代に合わせて変えた方がいい」。東京都目黒区の元会社役員、安田信治さん(73)は「今の憲法では国民の平和や安全が守れない。令和になったが、ますます憲法を変えなければならない状況になっている」と話した。【金子淳】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  4. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  5. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです