特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

リレートークや講演 「憲法のあり方」議論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
改憲反対を訴えて長崎市内を練り歩く集会参加者ら=長崎市桜町で2019年5月3日午後3時46分、田中韻撮影
改憲反対を訴えて長崎市内を練り歩く集会参加者ら=長崎市桜町で2019年5月3日午後3時46分、田中韻撮影

 憲法記念日の3日、各地で護憲や改憲を訴える集会が開催された。新たな時代を迎え、参加者は憲法のあり方について思いをめぐらせた。

 長崎市では護憲派が「ストップ改憲!守れ9条!ながさき集会」を開催。約360人が参加し、識者による講演やリレートークがあった。被爆者で長崎原爆被災者協議会長の田中重光さん(78)は「平和憲法は戦争で犠牲になった人たちの魂であり遺言だ。過去の過ちを繰り返さないためにも9条を守らなくてはいけない」と訴えた。参加者は集会後、市中心部をデモ行進して改憲反…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集