早大が初の8強入り 10年の東海大以来、大学勢が決勝T進出 黒鷲旗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【早大-豊田合成】豊田合成を破り、喜ぶ早大の選手たち=丸善インテックアリーナ大阪で2019年5月2日、木葉健二撮影
【早大-豊田合成】豊田合成を破り、喜ぶ早大の選手たち=丸善インテックアリーナ大阪で2019年5月2日、木葉健二撮影

 第68回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会は第2日の2日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で男女グループ戦16試合があった。男子は早大(東京)が豊田合成(愛知)を破り、Vリーグ1部(V1)勢を連日退け、初の8強入りを決めた。

 大学勢の決勝トーナメント進出は第59回大会(2010年)の東海大以来。前回準優勝のジェイテクト(愛知)や東レ(静岡)などV1勢4チームも8強に駒を進めた。女子はNEC(東京)がK…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

あわせて読みたい

注目の特集