メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日体大6年ぶり4回目V アマ相撲宇佐大会

団体決勝で日体大の二陣・中村(右)が上手投げで東洋大の干場に勝ち、1勝1敗に持ち込む=大分県の宇佐市総合運動場相撲場で2019年5月3日、上入来尚撮影

 アマチュア相撲の第59回全国大学選抜宇佐大会(日本学生相撲連盟、大分県宇佐市、毎日新聞社主催)が3日、同県の宇佐市総合運動場相撲場であった。団体戦(5人制)は決勝で日体大が東洋大を4―1で破り、6年ぶり4回目の優勝を果たした。個人戦決勝はモンゴル出身で日体大3年のプレブスレン・デルゲルバヤル(日体大柏)が早大4年の橋本侑京(ゆきひろ)=足立新田=を押し出し、初優勝した。

 昨年11月の全国学生選手権決勝で敗れた東洋大…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  5. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです