阪神、大山の適時二塁打でサヨナラ勝ち

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ○阪神2―1DeNA●(3日・甲子園)

 阪神が延長サヨナラ勝ち。延長十回2死一塁から大山が中越えの適時二塁打を放った。先発・西は8回1失点と好投。4番手のジョンソンが2勝目を挙げた。DeNAはプロ初登板初先発の阪口が5回無失点と好投したが、小刻みな継投策が実らなかった。

 阪神・矢野監督 西らしい投球をしてくれ…

この記事は有料記事です。

残り45文字(全文201文字)

あわせて読みたい

ニュース特集