阪神・大山、プロ初のサヨナラ打 チーム支える自覚も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ○阪神2―1DeNA●(3日・甲子園)

 二塁ベースを回ったところで阪神の大山は右拳を突き上げ、プロ初のサヨナラ打を確信した。「こういう一打を増やすことで信頼が増えていく」。今季、全試合で4番に座り続ける24歳が、接戦にけりをつけるサヨナラ二塁打で勝利に導いた。

 十回2死から糸原がストレートの四球で出塁。四球後の初球を、定石通り狙っていた。DeNA・三嶋の外寄りのスライダーを捉えると、高く舞い上がった打球は中堅フェ…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

あわせて読みたい

ニュース特集