メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「令和?関係ないよ」 改元お祝いムードの陰の変わらぬ現実

生活困窮者らにおにぎりを配るボランティアスタッフ=東京都豊島区で2019年5月1日21時30分、塩田彩撮影

 令和の幕開けで世の中は祝賀ムードにあふれている。だが、元号が変わったからといって、急にいい時代になったり、生活が好転したりするわけではない。改元にともなう10連休のさなか、平成の時代から変わらない現実は続く。生活困窮者支援とコンビニエンスストアの現場を追った。【塩田彩、今村茜/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2525文字(全文2678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです