メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

546 はやぶさ2の挑戦

観測で人工クレーター確認

 探査機「はやぶさ2」チームはさる4月25日、小惑星(しょうわくせい)リュウグウに銅の塊(かたまり)を衝突(しょうとつ)させた地点を上空から観測し、人工クレーターができていることを確認しました(写真1の左)。小惑星でのクレーター形成に成功したのは世界初です。

 「はやぶさ2」が上空約1.7キロまで近づき撮影(さつえい)した画像と、インパクター(衝突装置)から放った銅の塊を衝突させる前の3月の画像(写真1の右)とを比較(ひかく)すると、リュウグウの表面がくぼんで、噴出(ふんしゅつ)物が周囲に積もって暗くなっている様子が確認できますね。これが世界初の小惑星表面にできた人工クレーターです。直径は10メートル以上に見えます(写真2)。

 直径が「10メートル以上」というのは、はやぶさ2チームが想定していた最大級のものだったそうです。深…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1469文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです