メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

546 はやぶさ2の挑戦

観測で人工クレーター確認

 探査機「はやぶさ2」チームはさる4月25日、小惑星(しょうわくせい)リュウグウに銅の塊(かたまり)を衝突(しょうとつ)させた地点を上空から観測し、人工クレーターができていることを確認しました(写真1の左)。小惑星でのクレーター形成に成功したのは世界初です。

 「はやぶさ2」が上空約1.7キロまで近づき撮影(さつえい)した画像と、インパクター(衝突装置)から放った銅の塊を衝突させる前の3月の画像(写真1の右)とを比較(ひかく)すると、リュウグウの表面がくぼんで、噴出(ふんしゅつ)物が周囲に積もって暗くなっている様子が確認できますね。これが世界初の小惑星表面にできた人工クレーターです。直径は10メートル以上に見えます(写真2)。

 直径が「10メートル以上」というのは、はやぶさ2チームが想定していた最大級のものだったそうです。深…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです