第90回都市対抗野球

県1次予選 大和高田ク、代表決定戦制す 大和高田ク監督、奈良フレンドク監督代行の話 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

松林、投球粘った 大和高田ク・佐々木恭介監督

 松林が粘り強い投球で頑張ってくれた。打線に課題は残るが、八回の比屋根の三塁打は、元プロの意地を見せたと思えた。苦戦したが、京滋奈予選に向けて気持ちが引き締められた。

技術、集中力に差 奈良フレンドク・伊藤勇二部長(監督代行)

 八回に奪われた2点に技術、集中力などの…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文215文字)

あわせて読みたい