メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすを見つめて

地域おこし協力隊発足10年/2 試行錯誤の特産品開発 北広島・前田奈津枝さん /広島

「最近は藍染めにも挑戦しています」と笑顔で話す前田奈津枝さん(左)=広島県北広島町戸谷の豊平地域づくりセンターで、元田禎撮影

半年過ぎリラックス

 「私は地域の役に立っているのだろうか。とにかく結果を出さなければと焦り、答えが見つからず苦しい時もあった」。昨年7月に北広島町の地域おこし協力隊員になった前田奈津枝さん(35)は、着任した当時をこう振り返る。

 2009年度に始まった総務省の「地域おこし協力隊」事業は、初年度89人(31自治体)でスタートした。同省地域自立応援課によると、18年度は1061自治体、5530人が登録。広島県内では現在15市町に53人がおり、前田さんは北広島町唯一の隊員だ。

 広島市出身で、大学では福祉学科に籍を置いた。卒業後、同市内の病院や検診センターで約9年間、事務職員…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1072文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです