メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

未来産業最前線 ドローンの街、飛躍(その1)

 東京・秋葉原をしのぎ、世界最大規模の電気街といわれる中国・深センの「華強北」。大型店「華強電子世界」に入ると、売り場にドローン(小型無人機)が飛び交っていた。「ようこそ、ドローンシティーへ」。デモ飛行をしていた店員から声がかかる。このビルだけで20近いドローン専門店があるという。

 深センはかつてコピー家電の一大生産拠点だった。小さな町工場や電子機器の技術者、部品業者が集積し、中国を代表する製造基地へと飛躍する基盤を作った。「アイデアさえ持ち込めば、たちまち試作品を作れる」という「現場力」こそが深センの発展を支えてきた。

 この街が生んだ最大のヒット商品がドローンだ。世界最大手のDJIなど300を超えるメーカーが拠点を構…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです