メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

未来産業最前線 ドローンの街、飛躍(その1)

 東京・秋葉原をしのぎ、世界最大規模の電気街といわれる中国・深センの「華強北」。大型店「華強電子世界」に入ると、売り場にドローン(小型無人機)が飛び交っていた。「ようこそ、ドローンシティーへ」。デモ飛行をしていた店員から声がかかる。このビルだけで20近いドローン専門店があるという。

 深センはかつてコピー家電の一大生産拠点だった。小さな町工場や電子機器の技術者、部品業者が集積し、中国を代表する製造基地へと飛躍する基盤を作った。「アイデアさえ持ち込めば、たちまち試作品を作れる」という「現場力」こそが深センの発展を支えてきた。

 この街が生んだ最大のヒット商品がドローンだ。世界最大手のDJIなど300を超えるメーカーが拠点を構え、世界市場の7割超を深セン勢が占める。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです