メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

未来産業最前線 ドローンの街、飛躍(その1)

 東京・秋葉原をしのぎ、世界最大規模の電気街といわれる中国・深センの「華強北」。大型店「華強電子世界」に入ると、売り場にドローン(小型無人機)が飛び交っていた。「ようこそ、ドローンシティーへ」。デモ飛行をしていた店員から声がかかる。このビルだけで20近いドローン専門店があるという。

 深センはかつてコピー家電の一大生産拠点だった。小さな町工場や電子機器の技術者、部品業者が集積し、中国を代表する製造基地へと飛躍する基盤を作った。「アイデアさえ持ち込めば、たちまち試作品を作れる」という「現場力」こそが深センの発展を支えてきた。

 この街が生んだ最大のヒット商品がドローンだ。世界最大手のDJIなど300を超えるメーカーが拠点を構…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです