メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

平成を送る「仁義なき戦い」=伊藤智永

国立映画アーカイブで2019年4月30日、伊藤智永撮影

 平成最後の日を、どう過ごしたものか。戦争はなかったけど激動の時代に、何をして惜別しよう。

 たまたまJR東京駅近くの国立映画アーカイブで、映画監督・深作欣二(1930~2003年)の大回顧特集を上映している(5月26日まで、全48作品)。4月30日のプログラムは、意図したのか偶然か「仁義なき戦い」第1~3作(いずれも73年)である。こりゃ昭和だけど、まあいいや。

 広島県呉市と広島市で実際にあった暴力団抗争を取材・脚色した「実録」モノだが、広島弁の独特なセリフ回…

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文1991文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. 恩人 捜しています 借りた飛行機代で帰郷 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです