メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

平成を送る「仁義なき戦い」=伊藤智永

国立映画アーカイブで2019年4月30日、伊藤智永撮影

 平成最後の日を、どう過ごしたものか。戦争はなかったけど激動の時代に、何をして惜別しよう。

 たまたまJR東京駅近くの国立映画アーカイブで、映画監督・深作欣二(1930~2003年)の大回顧特集を上映している(5月26日まで、全48作品)。4月30日のプログラムは、意図したのか偶然か「仁義なき戦い」第1~3作(いずれも73年)である。こりゃ昭和だけど、まあいいや。

 広島県呉市と広島市で実際にあった暴力団抗争を取材・脚色した「実録」モノだが、広島弁の独特なセリフ回…

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文1991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです