メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうはみどりの日

ユネスコエコパークを知ろう 恵みと共生、地域の誇り

対談する横浜国立大学大学院教授の松田裕之教授=東京都千代田区で2019年4月22日、内藤絵美撮影

 きょう4日は「みどりの日」。森林や草原はさまざまな生き物たちの命を支え、人間も例外ではない。新緑のまぶしい季節。自然に親しみ、その恵みに感謝したい。生態系の保全と持続可能な利活用を目指すユネスコエコパークに関連して、横浜国立大大学院教授・松田裕之さんと雅楽師の東儀秀樹さんによる対談などから、地域の実践が育む自然保護について考えてみた。

この記事は有料記事です。

残り4877文字(全文5046文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです