きょうはみどりの日

ユネスコエコパークを知ろう 恵みと共生、地域の誇り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
対談する横浜国立大学大学院教授の松田裕之教授=東京都千代田区で2019年4月22日、内藤絵美撮影
対談する横浜国立大学大学院教授の松田裕之教授=東京都千代田区で2019年4月22日、内藤絵美撮影

 きょう4日は「みどりの日」。森林や草原はさまざまな生き物たちの命を支え、人間も例外ではない。新緑のまぶしい季節。自然に親しみ、その恵みに感謝したい。生態系の保全と持続可能な利活用を目指すユネスコエコパークに関連して、横浜国立大大学院教授・松田裕之さんと雅楽師の東儀秀樹さんによる対談などから、地域の実践が育む自然保護について考えてみた。

この記事は有料記事です。

残り4877文字(全文5046文字)

あわせて読みたい

ニュース特集