メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうはみどりの日

ユネスコエコパークを知ろう 恵みと共生、地域の誇り

対談する横浜国立大学大学院教授の松田裕之教授=東京都千代田区で2019年4月22日、内藤絵美撮影

 きょう4日は「みどりの日」。森林や草原はさまざまな生き物たちの命を支え、人間も例外ではない。新緑のまぶしい季節。自然に親しみ、その恵みに感謝したい。生態系の保全と持続可能な利活用を目指すユネスコエコパークに関連して、横浜国立大大学院教授・松田裕之さんと雅楽師の東儀秀樹さんによる対談などから、地域の実践が育む自然保護について考えてみた。

この記事は有料記事です。

残り4877文字(全文5046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです