特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

社会人野球

JABAベーブルース杯 ヤマハ突き放す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤマハ-三菱重工広島】七回表、右翼線に適時二塁打を放つヤマハ・三浦=岐阜・長良川球場で2019年5月3日、鈴木英世撮影
【ヤマハ-三菱重工広島】七回表、右翼線に適時二塁打を放つヤマハ・三浦=岐阜・長良川球場で2019年5月3日、鈴木英世撮影

 第2日の3日、岐阜・長良川球場などでリーグ戦6試合があった。セガサミーがジェイプロジェクトを降して唯一の連勝。三菱重工名古屋は初戦を白星で飾った。

終盤に9得点

 スコア上は大勝したヤマハだが、六回までは2-2。終盤の9点で突き放したが、室田監督は「もっと早く(打線が)つながってくれれば」と課題を口にした。七回に三菱重工広島の先発・本間をとらえた。先頭・藤岡の内野安打を足場に1死一、三塁の好機を作った。8番・三浦は「自信のある直球で来る」と初球を狙い打ちして右翼線に運び、勝ち越しの二塁打とした。

 室田監督は「状態が上がってきた」。地元のJABA静岡大会で予選敗退し、乗り切れなかったチームの復調に手応えを感じていた。【鈴木英世】

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文884文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る