メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞阪神支局襲撃

32年 小尻記者、590人追悼

 兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で1987年5月、小尻知博記者(当時29歳)ら2人が殺傷された事件から3日で32年となった。支局1階には小尻記者の遺影を飾った拝礼所が設けられ、市民ら約590人が訪れた。事件が発生した午後8時15分にはOBや社員が黙とうした。

 事件は、目出し帽をかぶった男が支局内で散弾銃を発砲。小尻記者が死亡し、犬飼兵衛記者(昨年1月に73歳で死去)も右手や腹部に重傷を負っ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです