メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

北朝鮮非核化巡りプーチン氏「相応の緩和措置」主張 米露電話協議

プーチン氏=AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領とプーチン露大統領が3日、電話協議した。政治混乱の続くベネズエラ情勢についてトランプ氏は、野党指導者グアイド国会議長を支援する米側の立場を踏まえ「平和裏に権力が移行されることが必要だ」と強調。プーチン氏は「ベネズエラの将来を決める権利があるのはベネズエラ国民のみだ」と述べ、マドゥロ政権に圧力を強める米国をけん制した。

 ロシア大統領府によると、電話協議は米側からの申し入れで設定され、約1時間半に及んだ。ホワイトハウス…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文772文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです