メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮非核化巡りプーチン氏「相応の緩和措置」主張 米露電話協議

プーチン氏=AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領とプーチン露大統領が3日、電話協議した。政治混乱の続くベネズエラ情勢についてトランプ氏は、野党指導者グアイド国会議長を支援する米側の立場を踏まえ「平和裏に権力が移行されることが必要だ」と強調。プーチン氏は「ベネズエラの将来を決める権利があるのはベネズエラ国民のみだ」と述べ、マドゥロ政権に圧力を強める米国をけん制した。

 ロシア大統領府によると、電話協議は米側からの申し入れで設定され、約1時間半に及んだ。ホワイトハウスや米国務省はロシアやキューバの介入がベネズエラ情勢を不安定化させていると指摘、米露の非難の応酬が続いている。だがトランプ氏は協議後、記者団にベネズエラ国民への食糧や医薬品など人道支援の必要性が議論の中心だったとしたうえで「プーチン氏も私もベネズエラへの介入は考えていない」と語り、ロシア批判を避けた。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 新型コロナウイルス問い合わせ先 /群馬

  5. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです