メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮飛翔体 米韓軍事演習への対抗措置か

虎島半島

 【ソウル堀山明子】韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が午前9時6~27分ごろ、東部の江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を数発発射し、70~200キロ飛行したと発表した。飛翔体は元山から北へ約30キロ離れた虎島(ホド)半島一帯から北東方向に発射されたという。

 聯合ニュースは、韓国軍関係者の「弾道ミサイルではない」との見方を報じている。新型ロケット砲との見方…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文598文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです