メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病引き起こす物質を検出 大阪大チーム

 手の震えや体のこわ張り、遅い動きなどの症状が表れる神経難病「パーキンソン病」患者の脳脊髄液(のうせきずいえき)から、脳内に蓄積して病気を引き起こす物質を検出できたと、大阪大などのチームが発表した。脳脊髄液を背中から注射器で採取し、脳内の原因物質の量を推定できるようになったという。重症度の評価や治療薬を開発する際の指標として役立つと期待される。

 パーキンソン病は国内では10万人に100~150人が発症する。患者の脳内では、たんぱく質「α―シヌ…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです