令和最初の葵祭へ斎王代「引き締まる」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「御禊の儀」で御手洗池に手を浸して身を清める斎王代=京都市左京区の下鴨神社で2019年5月4日午前10時55分、川平愛撮影
「御禊の儀」で御手洗池に手を浸して身を清める斎王代=京都市左京区の下鴨神社で2019年5月4日午前10時55分、川平愛撮影

 京都三大祭りの一つ葵(あおい)祭(15日)を前に4日、ヒロインの斎王代が心身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が京都市左京区の世界遺産・下鴨神社であった。

 多くの参拝者らが見守る中、第64代斎王代を務める会社員、※野(おうの)李花さん(23)=同区=が十二単(じゅうにひとえ)姿で、約50人の「女人列」…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

あわせて読みたい

ニュース特集