メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次は商業ロケット 堀江さん「町を宇宙港に」

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は4日午前5時45分、小型観測ロケット「MOMO(モモ)3号機」(全長10メートル、直径50センチ)を同町から打ち上げた。高度113.4キロまで達し、民間単独で開発したロケットとしては国内初の高度100キロ以上の宇宙空間への到達に成功した。

 同社は元ライブドア社長の堀江貴文さんらが2013年に創業した。1号機は17年7月、上昇中の通信トラブルでエンジンを緊急停止。2号機は昨年6月、打ち上げ直後に推力を失い落下・炎上した。

 3回目の挑戦となった今回は先月30日に打ち上げを予定したが、直前に燃料の液体酸素用のバルブに異常が発生し、その後も強風のため中止していた。この日は点火から1分56秒後、エンジンの燃焼を終了。4分で最高点に達し、目標の宇宙空間に到達した。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 新型コロナウイルス問い合わせ先 /群馬

  5. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです