メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界に日本アピールを」 新時代の皇室に期待 一般参賀来場者

 14万人以上が詰めかけた皇居で4日開かれた天皇陛下の即位を祝う一般参賀。10連休中ということもあり、家族連れや遠方からの人も多く、皇居から東京駅まで長蛇の列が続いた。訪れた人たちは、新しい時代の皇室に期待を寄せた。

 皇居前には早朝から大勢の人が集まり、宮内庁は予定を20分早めて午前9時10分に開門した。この時点で4万9300人が行列を作っていた。妻と2人の子どもと並んだ東京都江東区の会社員、鈴木幸輝さん(38)は「皇太子さまと呼んできたので不思議な感じがするが、公務などで姿を見る機会が増えれば違和感もなくなると思う」と話した。

 午前10時、天皇、皇后両陛下らが宮殿・長和殿のベランダに姿を見せられると、集まった人々は日の丸の小…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです