メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

アメフット日大、処分解除後初の対外試合 宮川選手出場せず

関東大学アメフットオープン戦の日体大との試合で、選手に声援を送る宮川泰介(中央)ら日大の選手たち=東京都世田谷区で2019年5月4日、竹内紀臣撮影

 日本大アメリカンフットボール部は4日、悪質タックルで関東学生連盟から受けた公式戦出場停止処分が3月末で解除されて以降、初の対外試合に臨んだ。東京都世田谷区の日体大グラウンドで、日体大と練習試合を行い、42―0で快勝した。警視庁に傷害容疑で書類送検された宮川泰介(4年)は東京地検の処分が決まっていないとの理由で出場しなかった。

 日大は攻撃最初のプレーで、2017年に学生年間最優秀選手にも輝いたQB林大希(3年)が、約70ヤー…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文525文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです