メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

スポーツ 平成から令和へ 観戦の楽しみ多様化

昨年のサッカーW杯ロシア大会で、コロンビア戦に勝利して喜ぶ日本代表。平成の時代にサッカー界は大きく飛躍しました

[PR]

小坂こさかだい 毎日新聞まいにちしんぶん 運動うんどう部長ぶちょう

 「平成へいせい」がまくじて「令和れいわ」となりました。平成へいせい時代じだいで、スポーツをたのしみは多様たようしました。その象徴しょうちょうとして、だいリーグで偉業いぎょう達成たっせいしたイチローさんと、52さい今年ことしもJ2・横浜よこはまFCでプレーする三浦知良みうらかずよし選手せんしゅ代表だいひょうされるサッカーかいげたいとおもいます。

     イチローさんは2001(平成へいせい13)ねん日本人にっぽんじん野手やしゅでははじめてだいリーグに移籍いせきしました。だいリーグのシーズン最多安打さいたあんだを84ねんぶりにえる262安打あんだや、10ねん連続れんぞく200安打あんだなど数々かずかずだい記録きろくて、日本人にっぽんじんだいリーグで通用つうようしないという常識じょうしきやぶりました。

     平成へいせい最初さいしょだいリーグで活躍かつやくしたのは1995(平成へいせい7)ねんにドジャースに移籍いせきした投手とうしゅ野茂英雄のもひでおさんです。野茂のもさんがみちひらき、イチローさんがはなかせたことで、松井秀喜まついひできさん、田中将大たなかまさひろ選手せんしゅ(ヤンキース)、大谷翔平おおたにしょうへい選手せんしゅ(エンゼルス)らもうみわたりました。テレビの衛星放送えいせいほうそう海外かいがい試合しあい観戦かんせんすることがたりまえになりました。

     サッカーかいは93(平成へいせい5)ねんにプロのJリーグが発足ほっそくしてつよくなり、98(平成へいせい10)ねん日本代表にっぽんだいひょうはワールドカップ(Wはい)フランス大会たいかいはつ出場しゅつじょうしました。それ以降いこう、6大会たいかい連続れんぞくでWはいています。Jリーグ発足ほっそくからプレーしているのは、三浦みうら選手せんしゅただ一人ひとりです。

     Jリーグは「浦和うらわレッズ」のように地元じもと地名ちめいがついています。地域ちいき密着みっちゃくしたチームを応援おうえんする文化ぶんかはJリーグが根付ねづかせ、当初とうしょ企業名きぎょうめいだったプロ野球やきゅう地域ちいきめいれるようになりました。

     平成へいせいまえ昭和時代しょうわじだいはスポーツ観戦かんせんといえば、プロ野球やきゅうおお相撲ずもう、そして4ねんに1のオリンピックでした。平成へいせいではサッカーかい飛躍ひやくして、さまざまな競技きょうぎ選手せんしゅ海外かいがい舞台ぶたいたたかっています。最近さいきんではスケートボードや3にんせいバスケットボールなどまちあそびから発展はってんした競技きょうぎもソーシャル・ネットワーキング・サービスをつうじて人気にんきています。令和れいわでは、ますますたのしみがひろがりそうです。


     1968ねん東京都とうきょうとまれ。運動部うんどうぶでサッカーのワールドカップを2大会たいかい、オリンピックは夏冬なつふゆ大会たいかい取材しゅざいしました。5ねんかん、ニューヨーク特派員とくはいん趣味しゅみはマラソン。出前授業でまえじゅぎょうけています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

    2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    3. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

    4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

    5. 大阪・吹田市で70代夫婦が死亡 無理心中か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです