メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

国際 核廃絶署名941万筆を提出 日本被団協

準備委員会のサイード議長(左から2人目)に署名が約941万筆に達したことを伝える日本被団協の木戸季市事務局長(同3人目)=アメリカ・米ニューヨークの国連本部で

[PR]

 アメリカ・ニューヨークの国連本部こくれんほんぶで、2020ねん核拡散防止条約かくかくさんぼうしじょうやく(NPT)再検討さいけんとう会議かいぎけた準備じゅんび委員会いいんかいひらかれています。日本原水爆被害者団体協議会にほんげんすいばくひがいしゃだんたいきょうぎかい日本被団協にほんひだんきょう事務局長じむきょくちょう木戸きどすえいちさんらが1ついたちやく941まんぴつの「ヒバクシャ国際こくさい署名しょめい」をサイード議長ぎちょうらに提出ていしゅつしました。

 署名しょめい国内外こくないがい被爆者ひばくしゃびかけではじまりました。核兵器かくへいき廃絶はいぜつ目指めざし、核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやくはや発効はっこうさせてほしいともとめるものです。前回ぜんかい提出ていしゅつの18ねんあきからやく111まんぴつえました。

 木戸きどさんは「核保有国かくほゆうこく同盟国どうめいこく国際紛争こくさいふんそう緊張きんちょうたかまりは、核兵器かくへいき廃絶はいぜつ理由りゆうになっても、反対はんたいする理由りゆうにはならない」とうったえました。準備じゅんび委員会いいんかいでは広島ひろしま被爆ひばくしたはま住治郎すみじろうさんが「核兵器かくへいき戦争せんそうもないあおそら世界せかいどもたちにとどけることが被爆者ひばくしゃ全世界ぜんせかい大人おとな一人ひとり一人ひとり使命しめい」とべました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです