メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/4 山形・長井 タンザニア

息の長い交流結実 マラソン名選手も推進役

 昨年10月、山形県長井市で開かれた長井マラソン大会の前日、往年の名ランナー、瀬古利彦さん(62)とタンザニアのジュマ・イカンガーさん(61)の対談が実現した。男子マラソンのライバル同士が繰り広げた名勝負に、フィニッシュ直前に瀬古さんが前に出て優勝した1983年の福岡国際マラソンがある。その同じ年、一人の女性がタンザニアから長井市にやってきたことは、2020年の東京五輪・パラリンピックで同市がタンザニアのホストタウンに登録され、交流を深める今につながっている。

 83年冬、タンザニア出身のルルさん(56)が、長井市に嫁いできた。国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として3年間、タンザニアで活動していた鈴木与一さんと結婚。「初めは方言に苦労したけど、今は自分自身がなまっています」と流ちょうな山形弁で朗らかに笑う。地域にとけ込んだルルさんの存在は、同市がホストタウンの相手国にタンザニアを選ぶきっかけの一つになった。11年前に与一さんに先立たれたが、市職…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです