メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぎふ人物記

リトアニア初の県国際交流員 シモナ・バシレブスキーテさん(35) 杉原通じ異文化理解を /岐阜

 欧州で反ユダヤ主義が猛威をふるい始めた時代、リトアニアで生命の危機に見舞われたユダヤ人に欧州から脱出するためのビザを発給した外交官・杉原千畝。昨年8月に同国初の県国際交流員として着任したシモナ・バシレブスキーテさん(35)はリトアニアで生まれ、日本語を学んだ。異なる文化を持つ人々が理解を深めるため、何が必要かを聞いた。【高橋龍介】

 1940年からリトアニアがその一部となっていた旧ソ連で85年3月、ゴルバチョフ共産党書記長が誕生した。その約1年前にリトアニアの首都ビリニュスで生まれた。

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです