メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フンティー

子供用発売 体にやさしい下着、人気 名古屋のセラピスト・安藤さん製作、はき心地に可愛らしさも /愛知

 足の付け根にゴムを使わないデザインの下着がじわりと人気を集めている。ふんどしの形に似ていることから「ふんどしパンツ」や「フンティー」と呼ばれる。そのはき心地を子供にも提供したいと、名古屋市千種区のセラピスト、安藤文香さん(41)が小さなサイズの「リトルフンティ」をプロデュースし、発売した。

 日本ふんどし協会によると、2010年代にふんどしの魅力が再認識され始めるとともに、フンティーが登場した。安藤さん自身もフンティーの愛用者で、数年前に自身が体調を崩した際「体に良さそう」と試したところ、むくみや生理痛が軽減したという。安藤さんは「足の付け根はリンパの流れが集まる場所。締め付けるのをやめると血流が良くなり、冷えが解消…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです