メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすを見つめて

地域おこし協力隊発足10年/3 多彩な企画で誘客 呉・下蒲刈島 高島俊思さん /広島

「海の美しさ、人の心の温かさを日々感じている」と話す(左から)角幡彩さん、高島俊思さん、大塚一馬さん=広島県呉市下蒲刈町下島で、元田禎撮影

島に仕事を作りたい

 「下蒲刈(しもかまがり)島遊び探検人」と印刷された名刺には、砂浜に頭をつけて逆立ちするユニークな写真を載せた。呉市の地域おこし協力隊OBの高島俊思(しゅんじ)さん(45)は、日本から南に約3000キロメートル離れた太平洋に浮かぶパラオで通算6年間、ツアーガイドを務めた。「田舎暮らしを求め、ダーツのような旅感覚」で協力隊に応募。本土と安芸灘大橋で結ばれたこの島に魅せられ「定住を決めた」と語る。

 愛知県江南市出身で、大卒後に東京で6年間、建設機械のレンタル会社で働いた。とにかく体を動かすことが…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1134文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです